心療内科で心のヘルスケア~ハートカウンセリング~

治療に使用される薬

手のひらの薬

ストレスが原因で起こる体調不良は、原因を追求して改善しない限り根本的な問題を解決することができません。軽いストレスならすぐに改善できますが、毎日の生活でストレスが積み重なってしまうと感情が高ぶって怒りっぽくなる人や常にイライラする、涙もろくなるなどの症状が出てしまいます。心療内科ではストレスからくる心や身体の病を改善するために、薬物療法を行なっています。薬物療法ではその人の症状や原因に合わせて専門医が薬を処方します。心療内科に訪れる人の中でも多いとされている症状の一つでうつ病があります。重度になると薬物療法だけでは改善ができないので、必要に応じてプロのカウンセラーとのカウンセリングや生活習慣改善法などが行われます。うつ病で悩んでいるときは抗うつ剤や抗不安剤などを服用することによって、重くなった気分を軽減して精神的に落ち着かせることができるのです。また抗不安剤などは精神的不安を抱えた人達に処方されるものです。こうしてその人の症状に合わせて服用をすれば効果的で、早い段階で治療完了へ導くことができるはずです。

また心療内科では他にも睡眠薬などの処方をしていますが、これは日常的なストレスが原因で眠れないという人が使用しています。人間は毎日の生活をするためには睡眠が欠かせません。特に社会人の方で仕事をしている人にとっては睡眠不足に陥ると、仕事に集中することができずに仕事の効率を悪くしてしまいます。その時に睡眠薬を服用することで、睡眠の質を良くして快適な眠りへ誘ってくれるのです。心療内科は精神的な悩みに合わせて解決法を提案してくれるので、体調が優れないというときには無理せず心療内科へ行って治療を受けることが望ましいです。心療内科で処方される薬は安全性の高いものばかりですが、飲み過ぎると薬独自の副作用が発生することもあるので、服用するときにはしっかり使用方法を理解して飲むことが必要です。