心療内科で心のヘルスケア~ハートカウンセリング~

身体的な問題発生

看護師さん

社会人になると仕事を始める人も増えてきますが、上下関係などの人間関係でトラブル発展になることも多いです。日々の仕事でストレスを感じている方はそれが身体面にも影響して身体の倦怠感や頭痛、めまいなどを引き起こす可能性があります。その状態は精神的な疲れが大きな原因として挙げられるので、ストレス緩和をするためにも適度な休息をすることが必要になります。ですが忙しい職場になると毎日休むことなく働き続けて心身ともに疲れてしまいます。身体の疲れは免疫力低下にも陥りやすいため、風邪やインフルエンザにもなりやすくなり、健康的な身体を維持することができなくなってしまうのです。精神的ストレスは精神科などで診てもらうことができますが、軽度なものや何かしらの原因で起こってしまった身体的トラブルは心療内科に行って治療を受けると良いです。精神的なものが関係しているトラブルは、専門病院へ行って検査をしても異常なしであることが多いので、そのときは精神面が関係して症状が起こっている可能性が高いです。

体調不良が続くと仕事も思うように上手くいかず、さらにストレスを貯めてしまうので悪循環な状態が続いてしまいます。これから初めて心療内科へ受診するときには、まずその患者のことを知るために詳しい問診をしていきます。問診をすることによってその人の状態を知ることができ、それに合わせてカウンセラーがカウンセリングや薬物療法をしていきます。心療内科ではこうした治療が行われますが、重度の症状であれば心療内科ではなく精神科への受診が良いとされています。重度の方は心の病気である可能性が強いため、根本的に心の改善をするために専門的な治療を行います。病院ヘ行ったとしてもその人によってカウンセラーとあまり話が合わないという方もいます。そうなるとカウンセリングをしていても心の内を全て打ち明けることができないため解決へ向かうことは難しいです。話をしていてどうしても合わないという場合は、途中でカウンセラーをチェンジすることもできます。本格的にカウンセリングを始める前には無料相談をすることができるので、そのサービスを活用して自分に合うカウンセラー探しをしましょう。