心療内科で心のヘルスケア~ハートカウンセリング~

心に抱えた闇を解決

親指をたてる男性

普段から体調不良に悩まされている方で、原因が不明な場合は身体の中ではなく心に異常がある可能性が強いです。身体的なものと精神的なものは深く関わりを持っており、ストレスが蓄積することによって身体には病気が現れてしまうことがあります。症状の原因が特定できないときは心療内科へ行って検査をしてもらうことで、初めて原因を知ることができる場合もあります。ストレスを抱え込んでいないと感じていても、実は過度のストレスを溜めているということもあるので、自分自身の身体は常に意識をしておくことが必要になります。心療内科ではストレスからくる病気の一つとして心身症の改善を主に行なっています。身体への負荷をかけてしまうストレスは一刻も早く取り除かないと更に心身症の状態を悪化して、消化器系などにも悪い影響を及ぼします。こうしたことで過敏性腸症候群や下痢などの問題を引き起こす方もいます。ストレスによって脳が刺激を受けて起こるため、身体の機能を正常に動かすことができないことから内臓や腸内などに問題が発生するのです。

仕事場や学校などで症状が出る人は、常日頃からその環境でストレスを抱えていることが挙げられます。緊張する中で腹痛が発生することも精神的なものが関係しているので、それを克服するためには心療内科でカウンセリング療法を行なって精神面を落ち着かせることが重要になります。人によっては簡単に問題解決ができず、心に闇を抱えている人も多いです。相談できずにいるとずっと胸の内に隠しておくことになるので、これでは心身症の問題を改善できなくなります。心療内科に在籍するカウンセラーは無理矢理患者の話を訊かずに、患者の口から悩みを打ち明けるまでサポートしてくれるので、少しずつカウンセラーの方と話しをして親密を深めていくと良いでしょう。