心療内科で心のヘルスケア~ハートカウンセリング~

心を落ち着かせる

女性の横顔

精神的ストレスが溜まると身体的機能も低下して、身体の疲れが取れないことや怠さを感じてしまうことがあります。精神的なものからくるものは根本的な問題改善をしないと解決することができないので、生活習慣を正しいものにするとともに心療内科へ受診して治療をすることが必要になります。ストレスが溜まると精神面が不安定になって心拍数が上昇して性格が変わってしまうこともあるので、そのときは心療内科で処方される精神安定剤などを服用して落ち着くことができます。厳しいチェックを受けて出荷されている薬なので身体への負担は少ないですが、飲み続けることによってその薬に依存することもあるので、服用するときは徐々に数を減らす努力も必要になります。心の病を抱えているときには精神科や心療内科に受診するのが良いですが、心の病気が原因で体調不良になっている時は心療内科への受診が良いといえます。症状によってどちらの受診が良いのかは違いますが、悩んだ時は心療内科や精神科どちらにもお問い合わせをすると、自分に合うクリニックを見つけることができるはずです。

心の問題から起こる症状として代表的なものでは過敏性腸症候群や胃潰瘍、逆流性食道炎などもあります。これらは日常生活にも影響を与えてしまうため、ストレスが原因であるときはストレス軽減をするようにしなければなりません。心療内科で治療をしたとしても日常生活の根本的な原因を取り除くことができなければ、また症状が再発してしまう恐れがあります。そうなると一から治療を開始しなければならないため、環境を変えることができるのであればストレスを溜めにくい環境づくりを心がけましょう。すぐに環境が変えられない時は、一日のうちに少しでも良いので休息時間を設けると良いです。ストレスを軽くするためには心身ともに休憩を取ることも大切なことです。ずっと働いていると疲労が蓄積するので、軽く休憩を取れば溜まった疲れを少しは軽減できます。